診療報酬改定

26年の診療報酬改定がスタートして1ヶ月が過ぎました。
今回の改定の目玉は、主治医機能と適正な在宅医療でしたが、実際はいかがだったのでしょうか。前者に関しては、多くの医療機関が昔からやっていることと思い、ことさら新規性はないと考えますが、いかがでしょう。
後者については、サ高住が随所に建築され、大きく世の中が変わってきています。在宅医療のあり方について、いろんな意見がありますが、あくまでも基本はこころであり、良質な医療の提供と考えています。

関連記事

  1. 暮れゆく2010年

  2. 雑感

  3. 秋冷の候

  4. つぶやき

  5. 生活習慣病とCKD

  6. オリンピック

PAGE TOP