寒冷の季節

雲行きが怪しくなってきました。予報では雪が降ると言っています。当院で11月12日にブレイクした新型インフルエンザもようやく収まる気配を見せています。それにしても園児、小学生、中学生、高校生を中心にかなりの感染力がありました。2005年の季節型インフルエンザの大流行に似ています。ワクチン接種もようやく軌道に乗りそうです。今回のインフルエンザ対策では多くの反省点がありました。危機管理を考えてみたとき、今回の事例はかなり教訓的です。

関連記事

  1. 生活習慣病とCKD

  2. 診療報酬改定

  3. 穀雨

  4. ジェネリック医薬品

  5. インフルエンザ予防注射

  6. 大雪

PAGE TOP