年度末

年度末というのを今年ほど感じた年はありません。年度という日本独特の考え方が、深く浸透していることは驚愕でもあります。別れの季節でもありましょうし、行政の決算の月でもあります。

4月から新しい年度になります。無為無策で医療崩壊と言われるような状況からは早く脱したいところです。良質の医療の安定供給が何にもまして求められると思いますが、なぜ「聖域なき改革」は人間としてもっとも大事な社会保障まで踏み込んだのでしょうか。

産科医不足、救急医不足、新研修医制度、後期高齢者制度、特定健診、レセプトオンラインーどれをとっても大きな問題です。国家百年の計に立って本当のことを求めるのが、為政者と思います。

関連記事

  1. インフルエンザ予防注射

  2. 診療報酬改定

  3. 雑感

  4. 所感

  5. 暮れゆく2010年

  6. 秋分

PAGE TOP